英語で時刻を話すのに役に立つ絵本。

時刻表現が学べる英語絵本Telling the time

おうちえいご園へようこそ!
ママにゃーご(@eigohome)です。
「おうち英語は子供のため」だけではなく自分の勉強のためでもあります。
子供達と英語を使うようになってから、私自身の英会話力・英語力も上がって一石二鳥!!

「時刻」の英語表現

英語には独特の時刻表現があります。

文字表現のやり取りではあまり使われませんが、
会話になったときに、聴き慣れない表現に私は「ん???今何時って言った??」となっていました(;^_^A

「今何時ですか?」
「9時45分です。」

と言いたいとき、

It’s Nice forty-five. 
でも通じますが、

 It’s quarter to ten.

という言い方のほうをネイティブからよく耳にしました。

また、9時15分の場合

It’s Nine fifteenでもいいけど

Fifteen after
Nine や
Quater past Nine のような言い方もあります。

https://eigoen.com/wp-content/uploads/2019/04/neowgo2019glassf.jpg
にゃーご

QuaterやHalfの聞き取りに加え
”Past”と”To”の用法を理解し
瞬時に頭に時刻が浮かぶようになったほうが
日常会話でも仕事でも躓くことが減ると思います。
(←時に支障があった人)

時刻表現が学べる英語絵本”Telling the Time” (Usborne)

時刻表現が学べる英語絵本Telling the time
https://eigoen.com/wp-content/uploads/2019/04/neowgo2019glassf.jpg
にゃーご

今回幼児~児童向けの絵本をほぼ自分用に購入しました!!

日本の時刻表現が沁みついた大人(私)が、英語の時刻表現をこれで改めて学びます。家に本があれば子供たちもいつか必要に応じて見る機会もあるでしょう。5才の長男は今すでに興味を持っています。

Telling the timeはフラップをめくると答えがあったりと楽しい絵本です。
この本は文字の全体ボリュームは割とある方なのですが
フラップとともに表記されているのであまり肩ひじ張らずに読むことができます。

アナログ時計の読み方だけでなく
デジタル時計の見方
AMとPM、24時間表示
分・時・日・月・年の解説
「〇時間かかる」という概念の説明
などもあります。

こうしてブログにアウトプットしながら自分に定着させていますが、
いざ聞いたときパッと理解したり、自分がパッと時刻の英語をネイティブ表現で話すのはまだまだのろいです・・・。

普段おうち英語をする中で、意識的に、繰り返し時刻の英語表現を使って慣れて行こうと思います。本棚にはすぐ確かめられる教科書がある。→”Telling the time”

ボードブックの大き目のしっかりした絵本で、
Amazonで今1150円くらいです。
ペーパーバックの値段かと思ったら違いました。

今「時刻の英語表現」が活用できる時といえば、
息子のお世話になっているネイティブの先生、サマースクールの先生(夏限定)、幼稚園の外国人ママと話す時ぐらいですがね・・・(;^_^A