年齢別のおうち英語

このページでは、赤ちゃんの頃から現在までにうちでやっている取組みのお話やオススメのやり方、教材紹介を年齢別に見れるようにしました。

ママにゃーご

自分が「おうち英語」を始めた頃、「今の月齢に合う取組みはなんだろう?」、「○才の頃にはどのくらい話せるようになるんだろう?」と気になっていたので、息子の英語成長記録もあわせて紹介しています。

※ 取組みの内容や成果はあくまでも我が家の紹介であり、好みや個人差があると思うのでご参考までにご覧ください。ちなみに私はバイリンガルではありません。海外留学経験もありません。ただの英語が好きなおばさんです。

0~1才 英語を耳に馴染ませた時期

おうち英語で英会話のできる子になるなんて半信半疑でゆるくスタート。英語絵本と歌が中心でした。
1人目:英語絵本と歌を中心にゆるく。
2人目:英語絵本と歌に加え中古DWE視聴しほどほどに。

1~2才 英語の楽しさを知る時期

1人目はこの時期から英語DVDやYoutubeなど英語映像視聴を始めた。この頃は「英語=楽しい!」というイメージをまずつけようと思い、英語を使って楽しく一緒に遊んだ。
2才前にディズニー英語システム(DWE)の存在を知り、そのメソッドに感銘を受ける。正規購入はせずともおうち英語に少し取り入れ始めた。

2~3才 絵本や歌を真似する時期

英語をどんどん発語し始めた。2才4ヶ月からはおうち英会話を開始。とにかく英語が大好きな子になっていた。2才8か月頃にはカタコトながら2語文、3語文を話し出し、こちらの話す幼児向け英語はほぼ理解していた。

3~4才 爆発的アウトプットとスポンジのような吸収力

基本的な文法と簡単な単語(1000語以上)を理解し、英語で接続詞を使った言い回しや質問もしてくるようになった。ここまでくると英語のテレビや絵本を観るだけ、ちょっと英会話するだけでスポンジのごとく自然に吸収しアウトプットするように。「手取り足取り」のおうち英語は終わった。

4才からの取り組み予定

息子は2018年5月で4才になります。4才までに、基本おうちでの英語取り組みメインで「英語の土台」がつきました。

これまでのおうち英語で一貫して大切にしてきたことは、子どもが「英語大好き」でもっと知りたい、もっと話したい、たのしい!という気持ちでいることです。英語好きであることのサポートが私の役割でした。