英語の弊害。日本語がおかしくなる?

乳幼児からはじめる英語の弊害として「日本語がおかしくなる」と言う説があります。

私は何の研究データを持っている訳でもないですが・・・
個人的な考えとして、「英語をしているからといって日本語がおかしくなることは少ない」と思う理由を書きますね。

まず大前提として、英語をしていなくても、日本語が乱れている人は大勢います。

大人になっても日本語がうまく使えない人は幼い頃から言語教育(日本語)の機会が少なく読書量も少なかったかもしれません。

外国語であろうと日本語であろうと、言葉遣いや文章力は読書量とある程度比例しているのではないでしょうか。

また、英語に限らず、言語学習が好きな人は、多少言葉のミスはあったとしても意思疎通が得意なのではないかと思います。

幼い頃から日本語で語りかけることをあまりせず、本も読まず、英語ばかりをさせたら当然日本語の能力が低くなるでしょう。日本に暮らしていてそこまでして英語教育をする家庭はあまりないと思います。

どちらにも触れる機会を与え、読書量も確保していれば母国語である日本語がおかしくなるということはないと、個人的には考えています。