英語をやると日本語がおかしくなる!?「早期英語教育による弊害の話」

「英語が話せる子になってほしいけど、

 早期スタートは辞めたほうがいいという話も聞くし

 不安だわ…!」

そんな思いになったことはありませんか??

私も始めはそんな思いがありました。

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

こんにちは!

おうちえいご園の辻めぐみ(@eigohome)です。

※当記事は2018年に書いた話に加筆編集更新しています。

英語をやると日本語がおかしくなる??

乳幼児( 0~5才頃 )から英語を始める事に対し

弊害を訴える話は諸説がありますね。

私はいくつか本を読みました。

安易な英語漬けを危惧する本↓

これらの説も確かに一理あると思います。

やはり母語である日本語はとって~~~~も大事です。

(でもだからといって英語を一切やらないほうがいい、とは考えていません。それは後述)

早期英語教育のリスクを言う人・言わない人

おうち英語をする親は

早期英語教育反対説のような

否定的な話にも耳を傾けるのが賢明

なのではないでしょうか。(なんとも耳が痛い話ではありますが…)

なぜなら

世に溢れる英語情報

もっと言うと、

親の耳にリーチしてくる英語情報というのは

「高額英語教材販売」や「大手英語教室運営」をしている発信者によるものも多く

彼らは

英語をやる上でのリスク情報を顧客にあまり提供しないからです。

「英語を取り入れる際の適切な量とバランス」というものが存在しますが

顧客にそれを教えるよりも

とにかく沢山英語に触れてもらい

「目に見える英語の成果」を出してもらうことのほうが

「英語を売る仕事」をしている人たちにとっては優先度が高いでしょう。

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

私自身、子供を英語教室に連れていったり、某高額英語教材のアドバイザーさんの説明を受けたりしたことがありますが、「弊害や、気を付けるべき点」については一切触れられませんでした。自分で積極的に本や記事を読んで知ったり、音読協会の講座を受ける中で知識を深めました。

ダブルリミテッドにしたくない

早期英語教育の弊害としてよく懸念されているのがダブルリミテッドです。

ダブルリミテッドとは、

一見して母語も外国語も使えているように見えるが

いざ論理的な思考や複雑な言語処理をする際に

十分な言語運用能力がない状態です。

学習や就労に支障があるといいます。

実際にそうなりかけたお子さんの話も聞いたことがあります。

こちらに書いています。

↑にも書いていますが、私自身、「英語教育熱」が高まりすぎてダブルリミテッド育成に片足を突っ込んでいた時期があります。(反省)

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

このブログにたどり着いてくださった方はぜひとも回避してください…

「英語を取り入れる際の適切な量とバランス」

早期英語教育に否定的な話をしましたが、

とはいえ、私は「英語をしているからといって必ず母語がおかしくなるわけではない」と考えています。

実際、ダブルリミテッドどころか天才的な思考を持つバイリンガルやマルチリンガルの学生や大人に沢山出会ってきました。

「英語をやったら日本語がダメになるから」とバッサリ英語を切り捨ててしまうのは本当にもったいないと思います。

弊害として様々な説がうたわれていますが、

弊害が起きる際の環境条件は極めて限定的です。

「英語を取り入れる際の適切な量」を知り、母語とのバランスをとって進めれば、子供はダブルリミテッドにならないと考え、おうち英語をお勧めしています。

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

何事もバランス…

早期英語教育弊害に関する私の考えまとめ

・早期英語教育のリスクはゼロとはいえない

・しかし早期英語スタートをしたら必ず弊害があるわけでは決してない

・リスクを認識したうえで最適バランスを取れば大丈夫

・英語をバッサリ切り捨てるのはもったいない

では具体的にどんな時間配分やボリュームで何をすればいいのか

詳しくおうち英語のやり方を知って安心して進めたい方はぜひ講座をご受講下さい

(最後が宣伝になってしまいすみません、でも各家庭の状況によって適正量とバランスは違うのでブログで伝えるのは限界があります)

講座を受けなくても、ご自身でそういった書籍を1~2冊読むだけでも、おうち英語をやる上での知識がぐんと深まると思いますよ。

次回は、私がこれまでに出会ったバイリンガル・マルチリンガルの方のお話を書こうとおもいます。