【英語歌と絵本】London Bridge is Falling Downが深い!

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

おうちえいご園の辻めぐみ(@eigohome)です。
自己紹介はこちら。
こどもたちの英語成長記録はこちら。
おうちえいご園のコンセプトはこちら。

年中と小1のうちの子供達が今ハマっている歌は

London Bridge Is Falling Downです。

おうち英語を長くやっていると、

英語の定番ソングは聴き飽きてきません…?


うちだけ?


この歌も「聴き飽きた歌」の1つになりつつあったのですが、、、

ある絵本との出会いがきっかけで「大好きな歌」になっています。

英語絵本:London Bridge is Falling Down

ピータースピアー作の本です。

これ、ただのイギリス民謡ではなく、

史実に基づいた歌だったのですね‥‥。

震災や戦争で本当によく崩れた、壊されたロンドン橋。

崩れるたびに違う材料で作り直し、でもまたダメになり…

私は詳しい史実が頭に入っていないので、ご興味のある方はこの辺のサイトを読んでみて下さい。

https://cucanshozai.com/2009/12/london-bridge.html

https://interpreter-qc.org/2020/04/08/natw-15/

この歌では、端を作る資材の単語が沢山登場します。

wood and clay 
iron and steel
gravel and stone
silver and gold

最後のSilver and Goldは、絵本の中では「金銀は盗まれるから監視をおかないと。監視は寝ちゃうから、パイプを吸わせよう、でもパイプは壊れるから、やっぱり番犬を置こう、」という風にどんどん展開していくのですね。歌だと、そこまで展開するバージョンとしないバージョンがあるようです。

それから・・・

絵本のイラストでは橋の上に家が沢山建っているんですね。

橋は通行するためのもんじゃないの??なんで家??

と疑問に思った子供達。

一緒に調べてみたら、本当に民家や商店が橋の上に並んでいて、橋の通路は狭いもんだったとか…。

 

London Bridge and its Houses c1209 – 1761

いや~おもしろい歌です。