伝える力を養う。オンライン英会話で”Show and Tell”をしてます。

オンライン英会話

夏休みに入り子供たちが家にいる時間が増えたのでオンライン英会話で”Show and Tell”をちょくちょくやっています。

にゃーご
にゃーご

というか6月に幼稚園が再開してからほとんど使ってなくて、定額制の契約なので非常にもったいない事をしていました。ぐはぁ

フリートークで”Show and Tell”、英語で人に伝える練習。

私は子供のオンライン英会話フリートークの始めに「今からこの子がShow and Tellをやります」と伝えています。

Show and Tellって聞いたことありますか?

ものぐさなので引用しますw

「Show and Tell」って一体何?

簡単に言うと、一人の子供が、クラスみんなの前で何かひとつを発表する定番のアクティビティの事です。

人前で自分の言葉で話す事って、特に小さい子では当たり前ではなく、すごいことですよね。

それだけでなく、一定時間内に話をまとめたり、様々な質問に答えるとなると、相当な訓練が必要です。

これは真似したい!欧米では定番の“Show and Tell”って知ってる?
にゃーご
にゃーご

自分の思いを、自分以外の人が分かるように工夫して伝える。
どんな職につくとしても必要なスキル。
オンライン英会話でちょいちょい練習しておいてどこか実地でも役に立てばと思っています。

英語自体のスキルだけじゃもったいなくて、「相手に伝える力」が欲しい…(日本語でも)

LEGOで作ったアイテムを紹介したりしてます。今はE.T.

フリートークのはじめに講師にお伝えすること

にゃーご
にゃーご

今から息子がShow and Tellやるんで、聞いてやってください。何かを英語を教えたり、指導する必要はないです。軽く反応してやってもらえれば最高です。」

※希望ははっきりと伝えつつ、”If you don’t mind…” ”Would it be ok with you if..?”など前置きして講師の方の気分を害さない伝え方を心がけています。 

伝えると、講師は息子の話すことをじっくり聞いてくれ、「へ~そうなんだ!」「それはおもしろいね」など相槌や反応、「どうやって作ったの?」などの質問を適宜声掛けしてくれます。

子供のオンライン英会話

<子供はどのくらい出来ている?>

にゃーご
にゃーご

6才息子は冗長にダラダラしゃべっています…。

Show and Tellを目指していますが、まだ言ってる事めちゃくちゃでーす!とりあえず英語でなんかしゃべってるのでいいやレベル。これからですね。
3才娘は難しいどころか主旨が分からないと思うのでS&Tはまだやっていません。

当初オンライン英会話ではさほどアウトプットできていなかった。

フリートークを選んで何も伝えずにレッスンスタートすると、
講師は場を盛り上げようして、息子が話す隙を与えない程かなり話かけてくることになります。一方的とも取れるくらい本当によくしゃべる!普通はそれが素晴らしいスタイルだと思うけど、うちは息子の英語アウトプット機会のために契約しており、インプットは期待していないんです。

こうして書くと文句のような「何様!」な言いようですが、イヤイヤ違うの、悪い意味で言ってるじゃなくて、そういう先生、やる気があって素晴らしいと思ってるのです。
先生がそういうスタンスなのは、ほとんどの日本人の子供生徒が自分からは話をせず先生のアプローチを待つスタイルになっているからだと推測しています。

講師は子供が画面から興味を失ってオンライン英会話が成立しなくなるのを防ぐため一生懸命話しかけます。

そんな感じだったので講師になにもお伝えせずにフリートークをやると「とっても楽しかったけど、アウトプットが思うように進まなかったな」と思って終える事が出てきました。そこで冒頭のこと(Show and Tellやりたいです)をはっきりと伝えるようにしたところ、目的通りのレッスンがかなっています。

にゃーご
にゃーご

講師の方も大変ですよね…おつかれさまです。今日はお茶でも飲みながらうちの子がしゃべるのニヤニヤしながら適当に聞いといてください!リラックスしていきましょ~。

息子は講師のポジティブな反応が嬉しくて、英語で一生懸命話すという流れです。

オンライン英会話

相手が違うと手ごたえあり。

正直 英語での相槌や質問は私でもできない事ではないですが、もはや私相手には日本語オンリーで話してくる息子なのです。

それがこうしてオンライン英会話でフリートークをするとよくしゃべる!
「え、こんな英語も話せるようになってたの?」「あぁ、この辺は英語でなんて言うか分からないんだな」「やたらActuallyって使うな~」などとと発見があります。

本来のShow and Tellは様々な反応に応える力が必要でしょうが、まだ幼児(6才)で初心者なので講師の反応が必ずポジティブで安心感のある環境は良い気がしてます。

ちなみにShow and Tellの間、私はカメラマンのように息子の動きに合わせて手元や顔にタブレット端末のカメラを動かす役目を担っています。

息子の英語の説明が意味不明すぎて先生に伝わらない事も多々あるので、先生がある程度理解できるよう私が補足をすることもあります。
成長記録用の動画を撮る余裕が出てきたらこちらのページに追記したいと思います。(撮れるかな…)

アウトプット練習はフリートーク一択。

Native Campの中にはキッズコースもあるのですが、基本フリートークを選んでいます。

子供自身も私も個人的に、型のあるレッスンがあまり好みではないし、「このフレーズをリピートして」x3回とか、もう完全に分かりきっている質問や覚えている単語を繰り返し聞かれる事もあるのが正直ストレスなんですよね…(THE根性なしです)(探せば魅力的なプログラムもあるとは思いますがまだ見つけれてない)。課金して時間をとってキッズコースを頑張るって私たち親子にはどうも続かない。オンライン英会話レッスンは「楽しみな時間」にしたい。
(継続してキッズコースを受講できている幼児の親子の方、本当にすごいと思います👏)



大人だと英語を習得したいという強い意志をもってオンライン英会話を契約すると思いますが、うちの子供には「英語を学びたい」という強固な意志はたぶんないです(汗)

ですのでオンライン英会話は「英語でおしゃべりを楽しむ場」「好きなことを自由に話していい場」として使っています。

にゃーご
にゃーご

英語嫌いになってほしくないしね 。

(自信満々にこんなの書きましたが、オンライン英会話のもっと良い活用法、楽しめる方法などご存知の方がいればぜひアドバイスください。Twitter@eigohome)

利用しているオンライン英会話について
予約不要いつでもすぐレッスンができて回数無制限・定額制のNative Campを使っています。
My best choice.

にゃーご
にゃーご

Show and Tellだと講師の英語力や指導力が弱くてもほぼ問題ないので(息子がしゃべるばっかりだから)、お気に入り講師予約などせずにその場にいた初対面の講師で充分楽しめます。