英語と日本語がごちゃ混ぜにならない為に気を付けていること。

小さな子供に英語をさせる上でよく気にされるのが、「英語と日本語がごちゃ混ぜになっておかしくなる」ということ。

私もはじめ気にしていました。

現在4才の息子はどうかというと、英語と日本語はきちんと使い分けています。

気を付けていることは、

英語と日本語を混ぜてしゃべらない

例)「あれはBirdだね。」「This is so ふわふわ~~」などいわゆるルー語を使わない。
英語で話していて、単語などパッと浮かんでこないときはもちろんあるんですが、いちいち調べる。勉強になる。

子どもが分かりやすいTOPを作る

例)英語の絵本を読むときだけは英語でしゃべる
例)○○さんとだけは英語でしゃべる
例)英語教室とその後30分だけは英語でしゃべる
例)ミニーちゃんパペットが戯おしゃべりするときだけ英語でしゃべらせる

日本語と英語どちらも流れる音楽、動画を見せない

けっこうあるんですよね。
特に幼稚園・小学生になると「まったく理解できない言語への拒否反応」を避けるために、解説は日本語で内容は英語という教材や玩具もありますが、0~3才児にはやらないほうがいいと私は考えています。
日本語英語両方がランダムになるものは与えていません。

気を付けていましたが、子どもから英語が出始めの頃は日本語英語混じっていることもありました。
そんなときは、そのとき話していた言語が日本語なら子どもが英単語(例・Red Car)を出してきても「そうだね~。赤い車がいたね。」と日本語で話すよう促していました。そのうち、英語と日本語の区別が定着してきました。