英語のアクセント差別を知る。【YouTuberの謝罪】

先日、「アクセント差別」(Accent Discrimination)という言葉を初めて知りました。

英語学習のために時々見ているYouTubeチャンネルのLucyさんが謝罪動画を出していたので「一体何をしちゃったんだろう?」と思って観たのがきっかけです。

Lucyさんは English with lucy というチャンネルで世界中の英語学習者に向けて使える英語や発音方法を伝えています。

【だいたいの直訳・意訳↓】
(隙間時間にメモしたものです。抜けや誤訳があったらすみません)
訳文が長くなってしまいましたが黄色マーカーの部分だけ読むのでもメッセージ内容が分かると思います。


Lucy: 私は大きな間違いを犯していました。それはアクセント差別です。
(中略)

最近の動画で、大学や職場で使う10 words that are difficult to pronounce(発音が難しい10の単語)をとりあげました。

プロフェッショナルで賢い人に見られたいなら、これらのワードを誤って発音するのは回避したほうがいいと私は人々に言いました。
Intelligent, Smart, Professional はYou Tubeのバズワードで、(オーディエンスから)よい反応が得られる傾向にあります。
これらの言葉を辞書に載っている形でRP Englishで発音することができなければ、あなたはインテリジェントではなくプロフェッショナルでもなく、教育を受けていない、そのような有害なメッセージを伝え広めるつもりはなかったのですが、実際はそうしたのであり、そのように感じられてしまいました。心からお詫びいたします。

私のビデオを観てご自身をアンプロフェッショナル、学がない、Stupidだと感じた方がいたらお詫びします。

私はそんなつもりはなかったのですが配慮が不十分でした。それらのビデオは削除し他のビデオも見直しました。偏見がないかどうか。キャッチーなビデオを作るのは好きでしたがよりよりバランスを考えていきます。地方の発音をしりぞけることなく発音を教えていく方法を考えていきます。私を批判していたエキスパートの人と話す場も持ち、学び、改善し、私のプラットフォームを良いことに使いたいと思っています。批判してくれた方々に感謝します。あなたがたは私にポジティブな変化をもたらそうとしてくれました。そして私もみなさんにポジティブな変化をもたらしたいのです。  (意訳おわり)

にゃーご
にゃーご

Lucyさん、謙虚で真摯で前向きな方…

この内容、個人的にけっこう驚いたんですよね。

主に外国人を対象に英語を教えるELTが、アクセント指導の表現で批判される事に拍子抜けしたというか。

これまで、アクセント差別の中にも色々あってイギリス国内の階級社会とリンクしたもの(方言差別)があることや、アメリカで外国訛りのある人を特定の職業と結びつけたり不法移民と決めつけるような差別的ラベリングや偏見があることはなんとなく知っていましたが‥。

「差別はやめよう」という考えが世界中で一般的であり、それはアクセントについても幅広く言われているんだ、ということを強く認識させてもらいました。

私はLucyさんをはじめELTの方がYouTubeで無料で英語のネイティブ発音を教えてくれる事をありがたく享受していた側です。該当の発音動画も見たときも特に疑問は沸いていませんでした。

Lucyさんの謝罪を聞いた後の今思えばですが、人気ELT YouTuberではLucyさんよりもETJ EnglishのElliotさんは英国Modern RPアクセントにこだわったメッセージが強く苦手に感じたことはありました。

にゃーご
にゃーご

Lucyさんの謝罪動画をみて、勉強になったとともに色々と考えさせられました。

自分自身は「日本語訛りの英語を話す人」なのでアクセント差別をなくそうという世の中の動きがあるのはありがたいことだと思います。

アニメで行われるアクセント差別

ちょっと調べてみたらこんな情報も出てきました。

Accent discrimination: let’s call the whole thing off
(アクセント差別をすべてやめましょう)アメリカの記事

<機械翻訳をちょっと弄った意訳>
”ほとんどの場合、子供向けのアニメの悪役は、ヒーローとは異なる話し方をする外国人として描かれています。Julia R. DobrowとCalvin L. Gidneが実施した1998年の調査によると、イギリス英語は悪者にとって最も人気のあるアクセントです。ドイツ語とスラブ語のアクセントも非常に一般的です。さらに、邪悪なサイドキックは通常、社会経済的地位の低さに関連するアクセントや方言で話し、分析された12のショーの悪役は標準アメリカ英語を話しませんでした。”

にゃーご
にゃーご

そう言われてみると確かに…

アクセント差別って良くないって言われてんだね!と知ると同時に、「英語の発音っていろんな意味で大きなファクターだよな」と思わずにいられませんでした。

私にも少なからず発音コンプレックスがあります。とはいえ日本語が母語で日本に暮らす私や私の子供が「完璧なネイティブの英語発音」になることはどう努力してもほぼ無理に近いと思いますし特に目指していません。今まで通り発音に強く捉われ過ぎることなくマイペースでいくつもりです。向上の努力はするけどね。