洋書バーゲン購入本『夏の洋書市@Books Kinokuniya Tokyo

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

おうちえいご園の辻めぐみ(@eigohome)です。
自己紹介はこちら。
こどもたちの英語成長記録はこちら。
おうちえいご園のコンセプトはこちら。

洋書バーゲン購入本紹介

Books Kinokuniya Tokyoの夏の洋書バーゲンに行ってきました。


普段はいつも空いている書店なのですが、この日はバーゲンエリアに人だかりが。大人向けの洋書エリアよりも子供向けの本エリアのほうが熱気がありました。

普段普通に暮らしていると英語絵本が好きな人に会う事は少ないので

「おお~仲間がこんなにいっぱいいる♪」なんて思いながら私もバーゲンエリアに参戦しました。

黙々と選んでプラカゴいっぱいに詰めている方も多く見かけましたが、私が買ったのはこれだけ。

ロングセラー、ベストセラー多め。


Wonderは自分用にずっと気になっていて読みたかった本です。翻訳書も出ているのに原書で読みたい、という英語好きあるあるですね。バーゲン売り場で発見してすぐに手に取りました!嬉しい。早速読み進めてますがおもしろいです。語り口調なのでまるでブログでも読んでいる感覚で読みやすいし感情がついていきやすいです。7才の息子も興味を持って「読んで」と言ってくるので2~3ページ読んだらおもしろかったらしくもっと読んでと言ってきます。(この長さの読み聞かせは無理‥)


クレヨンの本とMagic Tree Houseも前々から買おうかなと迷っていた絵本でした。今子供たちにちょうど良いくらいの本です。Magic Tree Houseは長男が自分で読むにはまだちょっと難しい長さだな、と思っていたら結局読み聞かせさせられました。

Where’s SpotとMaisyの本はもう我が子は食いつかないのですが、講座を受けて下さる方や絵本クラブに来てくれる方に実物で紹介したくて買いました。

(バーゲン本は、タイミングを見て店員さんが追加補充していたので、帰り時がわからなくなってしまう方も…)

見ての通りお値段が本当にお安くなっていました。この値段なのでもっと買ってもよかったし買いたかったのだけど、狭い我が家の本棚スペースの関係もあって本当に欲しいと思った物だけに留めておきました。書店にて嬉しい偶然の再会もあったりして、本屋好きに拍車がかかった日となりました。

以下は以前の投稿です。

Books Kinokuniya Tokyoで洋書バーゲンが始まります!

以下オフィシャルツイートより引用した情報

2021年7月8日11時~

期間中に追加投入あり

新宿本店ではなく、南口タカシマヤの南館6階の洋書専門店で開催

ツイートはこちら(写真あり)

写真に「5 minutes Stories」など子供向けの本もチラ見えしていてそそられます…。

新宿駅よりも代々木駅からのほうが近いです。

東京近郊の皆様のみへのお知らせ更新となってしまいすみません。

東京は緊急事態宣言がまた出るとのことで、どうなることやら…