5才3か月、英語サマースクール。英語を取るか、内容を取るかって話も。

おうちえいご園へようこそ!
おうちえいご園では「英語にお金をかけすぎず」「押しつけず」「楽しむ」おうち英語に取り組んでいます。

自己紹介はこちら
子供たちの英語成長まとめはこちら

5才3か月の息子(年中)、

夏休み期間に5日間程、英語のサマースクールを予約しました。

2回目に行ったとき、一般募集クラスからインター在校生&帰国子女向けのクラスへの移行を進めてもらって、今日は初めてそちらの教室へ行ってきて充実した表情でした。
サマースクールでの内容は主に一斉保育で、先生たちがガンガン頑張って、より夏を満喫する内容であったり、特別なおやつがでたり、濃いトピックに集中してやってみたりと大人からみてもすごく楽しそうです。

英語を取るか、中身を取るかって話。

クラスを移る説明の時に先生(ベテランネイティブ講師)の本音トークが炸裂したのが興味深かったのでそれをメインに載せます。

一般募集のクラスは英語がさほど話せない子も多いので、できるアクティビティの内容と教師からの示唆に上限があります。

だから在校生とは混ぜていないし一般にオープンにしていません。
子供が幼児のうちはいいけど、5,6才、小学生くらいになったらありきたりな”英語を学習する教室”に英語が話せない子供たちと一緒に通わせても一定以上の成果は出にくいんです。
それに、英語学習を取ることによって中身の教育がスカスカってことがよくあります。日本人は英語さえ話せるようになればそれでもかまわないって親が多いんだけど…。それもあってクラスは分けてますよ。

Educationが言語のレベルに左右される状況だと環境としてはむしろマイナスです。一方うちの教育はね…(以後ちょっと宣伝w)

話すのは初めての先生でしたが、やや辛口ww
いろいろ雑談も含めた中での会話をまとめたのでちょっと流れが幅広ですが。

タイトルに書いた「英語を取るか、中身を取るか」っていうのはかなり極論なんだけれども、中身を深めるためにはクラス全体の言語のベースがしっかりしていたほうがやりやすいというのは教師の目線から見てもそうなんですね。(1人の先生のご意見ですが)

現場の声として参考になりました。

日本語は母語だから「中身」に集中できるけれどね・・・。

小学生になっても、転勤して東京を離れても、
夏休みに英語サマースクールに通わせたり、ゆくゆくは親子留学を考えたりもしてますが、こういう目線も1つ持っておかなければ。

先生からそんな話を聞いただけでもサマースクールに行かせた甲斐があったなと思うのでした。