小学生から英語を始めた私のケース。

小学生から英語を始めたケース。

辻めぐみ
辻めぐみ

♪俺は昭和生まれ平成育ち♪英語が好きそうなやつはだいたい友達。

今日は乳幼児期からではなく、小学生から英語を始めた私のケースの話になります。

英才教育を受けたわけでもなく、

地方のどこにでもいそうな小学生でした。

大学生頃にはTOEIC900点台だったので

当時の時代背景としては海外留学もせずにコスパよしで英語を習得していったつもりです。



ただ、最初に結論を言うと、

詰め込みっぽい当時の英語学習法よりも

もっと効率的に多方面に力を伸ばせる方法があったと思っています。

(ちょっと悔しいです。)

公文の英語を習っていた。

私は小学校5年生頃に自分の意思で親に「英語の習い事をしたい」と頼み

公文の英語を習い始めました。

(英会話教室は通える範囲になかったので)

「英語」という文字の張り紙があった近所の公文教室へ行き

英語・国語・算数(ついで)の習い事を始めたのです。

当時の公文教室で私が学んでいた英語の内容はこのようなものでした。

・ant から始まる簡単な単語の書き取り練習
・antなどの単語カードを読み上げるマシンを使う
・I have a pen. などテーマ性のない英語を覚える
・プリントをひたすら繰り返して覚える

家でも教室でも黙ってひたすらやって

英単語を覚えることに楽しさすら見出していました。

子供ながらに「英語を学んだ」喜びを感じていた。

いつからだったか、NHK教育の海外ドラマやアニメで

二か国語放送がある番組を見つけては副音声にして聞いていました。

聴く耳が育っていないので意味はほとんど分かりませんでしたが、

挨拶や色、数、動物の名前など自分が知っている英語が文字で見えたり

ほんの一瞬でも聞き取れる事があった時は大きな喜びだったことは覚えています。

だから公文で英語に触れさせてもらったのは良かったし、

自己満レベルとはいえ「自分は英語ができる」という自信にもなりました。

中学に入り英語の授業が始まる頃にはアルファベットはすべて書ける、

簡単な単語の読みやスペルを知っていて滑り出し好調でした。

ただ・・

私の本当に「学びたかった事」とは微妙にずれていたという事が、

大人になるにつれ分かる事になります。

当時の公文英語で足りていなかったこと

それは「英語を実際に自分の頭で使う」という事です。

具体的にいうとすれば、「実践的な英会話」がそれにあたるでしょう。

でも地方で英語を話す人に会う事もなく、

おぜん立てされた英会話が出来る英会話教室すらない状態。

(もし英会話教室があったとしても継続して通えばけっこうな額になったでしょう。)

であれば、「英語絵本」。

もしあの時、我が家にたった1冊でも英語絵本があれば。

市の図書館にある英語絵本の存在を知って手に取れていれば。

私が公文で学んだ読み書き英語が最高に生きたのです。



「自分のもの」として「自分の頭で使う」ことや

「英語を英語のままで理解し、使う」ということが

少しは出来ていたのでは、と思うのです。

今の子供達の話であれば、
小学校から始まる英語学習に対し
子供がわくわくする方法は
本人の興味に合う英語絵本がもっとも最適だと思います。

もちろん「英語絵本」に触れて得られるのは

英語力を高める効果だけではありません。

えいご絵本を通して広がる世界

当時は公文で英語に触れられるのが嬉しくて、

自分からどんどんプリントをこなしていました。

が、今振り返ると自分が本当に触れたかったものはあれじゃなかったんだよな、と思います。

もっと触れたかったのは…



・世界の文化や人々のこと

・日本語以外の世界のこと
自分の好きな分野を自分の居場所以外の視点からみる

アルファベットを書く、覚える、といった勉強詰め込みスタイルよりも、

上記のような内容が

本当に知りたかった事、やりたかった事で

私をワクワクさせてくれるものでした。

辻めぐみ
辻めぐみ

私の話は平成前半のことですが・・・・

今は昔と違い、

英語のコンテンツや英語の絵本にもっと気軽に触れられるようになりました。

このブログでは、低予算から始められる小学生向けのおうち英語メソッドも紹介しています。

つづき