お正月・体の英語・風邪の英語が学べた!ポピーKidsEnglish1月号(レベル1とレベル2)

ポピー英語レベル2の1月号

おうちえいご園へようこそ!
おうちえいご園では「英語にお金をかけすぎず」「押しつけず」「楽しむ」おうち英語に取り組んでいます。

自己紹介はこちら
子供たちの英語成長まとめはこちら

ポピーキッズイングリッシュを購読しており毎号レビューしています。
この記事はレべル1(年中~小1向け)の1月号。
追記:レベル2の1月号も追加しました。

ポピー英語レベル2の1月号
レベル2の1月号

お正月が盛りだくさんポピーKids English1月号

ポピーキッズイングリッシュ1月号(レベル1)

季節感を大事にしているポピー。1月号は日本らしいお正月の様子が多く取り扱われています。

お正月の英語挨拶や十二支の生き物(レベル1)

カルタ遊びのページでは乗り物の英語が登場しました。

レベル1

音声ペンをあてると、名前とともにその乗り物の出す音も流れる工夫がされていました。子供が喜びます。

レベル1

1月号の英語表現

1月といえば風邪をひきやすい季節。
風邪の症状の表現の英語を覚えることができました。(レベル1)

I have a cold.(かぜをひいちゃった)
I have a fever! (熱があるよ)
Are you ok? (だいじょうぶ?)

寒い季節、風邪の英語表現が学べる(レベル1)

ネイティブスピーカーのお母さんがよく子供にかけるフレーズも登場していました。

Did you have fun today? (今日はたのしかった?)
Yes, I had a good time! (うん、たのしかったよ)

レベル1

レベル2では家族で食卓を囲んでの会話。

Do you want something to drink?(何が飲みたい?)
〇〇, please.(〇〇をください)
Hamburgers go well with milk.(ハンバーガーには牛乳がぴったりなんだよ)

といった会話英文が登場します。

レベル2

身近なものの英語が学べるポピーキッズイングリッシュ

生活密着型の英語が学べるのもポピーキッズイングリッシュの特徴。
掃除機(Vacuum cleaner)やOutlet(コンセント)など、知っていそうで知らない英語が登場しています。

お風呂を舞台に体パーツの英語

レベル1

お風呂を舞台に、体のパーツと数字が扱われていました。
別ページでもまた登場します

身体にペンを当てると英語で名前を言います。(レベル1)

巻末の辞典ページにもあったので、切り取って壁に貼っておけばすぐ覚えそうですね。音声ペンで英語が流れます。

(レベル1)

英語の数字、発音を覚えよう

レベル1

英語の数字の読み方、発音が身に付きます。
2才10ヶ月の娘が何度も楽しみました。

レベル1

ちょっと凝っているのが、キャラクターの音声はお風呂で話す時らしくエコーがかかっていました!

CDに歌も収録(レベル1)
数字を探し音声ペンをあてると音声が
図鑑ページも数字でした。

英語で知恵遊びのページ

楽器が数字を言う遊びと体の英語遊び(レベル1)

英語で工作にチャレンジ!(レベル2)

音声ペンで作り方の解説を聴きながらコマづくりをしました。

ポピー英語レベル2の1月号
ポピーの英語、レベル2で英語工作

なんと、

「たのしいコマづくり」という英語歌まで登場!!!

今までの英語教材にはあまりない感じですね✨

🎵Cut out the paper along the line. (線に沿って紙を切って)
🎵Color the disk with crayons.(クレヨンで円盤に色をぬろう)

ポピーで英語工作

ただ・・
このコマ、全然回らなかった・・(ガーン)
うちで使った厚紙がダメだったのかしら・・・

ふろくのお天気シール(レベル2)

付録でお天気シールがついていました。
カレンダーに貼って使えます。
音声ペンを付けると音がでる!!

ポピー英語レベル2の1月号シール

おはなしBOOK

おはなしBOOK(別途CD音声付)レベル1

今月はうさぎとかめのお話でした。
知っているお話のほうが英語で聞いてもすんなり入ってくるようです。

同じワードの繰り返しが多く、自然と意味を理解し身に付きます。
今月号はSlowlyがよく登場しました。

レベル2のおはなしBOOKは干支のお話でした。
長男(6才)は気に入って何度も読んでいました。

おはなしBOOK干支
レベル2
ポピー英語レベル2の1月号おはなしBOOK
レベル2

ポピーキッズイングリッシュの毎号レビューを書いています。月々1680円のお手頃教材です。購読を検討されている方は他の月のレビューもどうぞ!

教材申込・資料請求

公式サイトはこちら