Google Homeで子供と英語学習は出来るのか?

スマートスピーカーが珍しくなくなってきました。

うちにはGoogle Homeがあります!

Google Homeの解説や購入目的を書いた記事はこちら(メインブログに飛びます)

子育て生活をハンズフリーに。Google Homeを購入してみた。

Google Homeと子どもと暮らす。

ちなみに現在私が一番使っている機能は以下の通りです。

・テレビの電源を口頭でON/OFF
・音楽をスピーカー再生
・天気を口頭で聴く
・アラームを口頭でセット
・スマホが家庭内失踪のとき口頭で指示し鳴らしてもらう

Google Homeは英語学習に使えるか?

結論から言うと、0~3才児自身がGoogle Homeを使っての英語学習はまだ実用的ではないです。可能ではあるけれど、そんなに幅広く使えない。

小学生以降で英語がある程度話せる子なら活用は広がるかもしれません。小さい子ども独特のたどたどしい舌ったらずな声はよく誤認識されますが小学生くらいなら大丈夫だと思います。

きちんとした英語学習に関しては私の知る限りまだ適したプログラムが少ないです。英語のクイズゲームなどできますが、内容が大人向けだしアメリカのテレビドラマネタも多くて日本在住ではよく分かりません。ちょっと期待外れ。

Google Homeで子供が英語学習出来ること

幼稚園生、小学生、中学生なら自発的に取り組めそうな内容を紹介。

例えば英語でこんな問いかけやお願いを投げかけられます。

  • “Ok, google, please count to 20.” (20まで数えて)100まで可
  • ”What’s the weather like today?”(今日のお天気は?)
  • “How do you say [word] in [language]? (○○語でxxはなんというの?)
  • “Spell [word].” (単語のスペルを教えて)
  • “How many calories are in [ food]? ” (食べ物のカロリーを聞く)
  • “Please set a timer for 10 minutes…..How much time is left?”(10分タイマーかけて。あと何分残ってる?)

※これらの質問をしGoogle Homeとやり取りするためには、Google Homeを使うアカウントの設定を英語にしなければいけません。

質問例文は英語圏のポータルサイトなどに沢山掲載されています。
”Google home command”と検索するとでてきます。

Google Homeを使った英語学習については「英語のニュース」をGoogle Homeで聴くことがよく勧められていたりしますが、別にスマートスピーカーじゃなくてもスマホで電車で聴けばいいよねって思ったり…。

このブログで発信対象としている0~4才頃のお子さんがいる家庭では、子どもの世話をしながら英語の音楽を口頭でかけられるのが一番のメリットかもしれません。いちいちCDをいれなくても、手持ちのCDをGoogle play music等のクラウド上にアップしておけば口頭で再生できる。その手軽さが、毎日英語音楽に触れやすい環境になってます。