押し付けずに習得できる低予算・低労力のおうち英語。

おうち英語

にゃーご
にゃーご

おうちえいご園ブログにお越しくださりありがとうございます! ママにゃーご(@eigohome)です。(自己紹介こちら

このブログで紹介する「おうち英語」

ひとくちに「おうち英語」と言っても様々なスタイルがあります。
このブログで紹介するのは

英語だけにお金と時間と労力をかけすぎずに、

それでいて英語を習得しちゃおう

という、気楽で効率的なスタイルです。

にゃーご
にゃーご

実際、うちの3才と6才の子供は、
高額教材を買うことも、インターナショナルスクールに通年通うことも、毎日英語ドリルで”勉強”を頑張ることもなく、英語で話す・読むが出来るようになりました。 使ったのは中古のディズニー英語システム(ほんの一部)や英語絵本、オンラインの無料動画がメインです。中古でもいけました。

私と子供たちの自己紹介はこちら
(このページ下部に息子の英語動画もあります)

私の英語育児の最大の前提は

子供に英語を押し付けないこと。

子供の興味関心や知的好奇心を大切にし、
そこと英語を結びつける方法
子供が英語を快く受け入れ、当たり前に吸収していきました。


また、”子どもにだけ英語をさせる”のではなく、私自身が英語をもっと深めたい気持ちでやっています。

<関連>ブログ作者と家族の自己紹介 
    子供の英語に成果を求めない方法。

英語だけにお金と労力をかけすぎない理由

「英語」のブログ発信をやっている身ですが、 子育ての中で大事にしていること、優先していることは英語ではありません。

幼少期の子育てではさまざまな体験を通しての成長や、地頭を鍛えること(いわゆる非認知能力と自分の頭で考える力)を重視しています。
そのためにも母語である日本語をまず大切に考えています。

教育資金など親のリソースは、「子供の暮らす環境を整え豊かな体験や安心できる時間を過ごすための物」と捉え、英語ばかりに沢山かけ過ぎないようにしたいなぁと思っています。 もちろんこれはうちの場合であって、豊富な財源を使って良質な高額教材やスクールを使いこなす英語習得スタイルも良いと思います。 (羨ましい!)

(関連:国際ビジネスで通用する人は英語が出来る人ではなく地頭のいい人。

おうちで英語は習得できる!実践を綴っています。

そうはいっても、そんなゆるい感じの自己流で子供が本当に英語を話したり読んだりできるようになるの??

という疑問をみなさん持っていますよね。私もそうでした。

いやしかしこれがね・・・案外、できたんです。

長男の時は私に自信がなく焦りもあったので英会話教室やプリスクールに週1~2回通っていましたが(預け先としても活用)、今思えば彼の英語力の源は「家での英語」だったと実感しています。妹はスクール通いは一切なしで英語を習得していっています。

こちらは長男4才時の英語。英語を話しながら絵を描いて遊んでいます。6才の今は英語絵本の読書も楽しんでいます。

<関連記事>
おうち英語で本当に話せるようになるの?
DWEの中古って効果あるの?我が子の成果を大公開

おうち英語成長動画はこちらのページにまとめています。

子供は家でも英語を習得できる、暮らしを楽しむエッセンスにすらなる。それを伝え広めたくてこのブログを始めました。

<関連>ブログ名「おうちえいご園」の由来や思い

英語育児情報を集めている方や、始めようか迷っている方の一つの参考になれば幸いです。

ひとつの教材やメソッドにこだわらずに、自分軸・子供軸でやっているので、ブログの内容は少々取っ散らかっています。読んで下さる場合はその点ご了承ください(笑)

英語絵本カテゴリ
低予算・無料で楽しめる英語カテゴリ

おうち英語に正解はない。

おうち英語は、これが正解という王道があるわけではなく、家庭ごとに合った進め方で長い期間慣れ親しむのが一番だと思っています。

おうち英語の実践に関して、うちでうまくいった方法が他のご家庭でも絶対良いかというとそうではないかもしれません。一つの例としてお読みいただければと思います。

にゃーご
にゃーご

あくまでもご参考までに読んで、ご自身の気に入るやり方の摸索に繋がれば幸いです。

プライバシーポリシー、免責事項についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせはTwitterもしくは問い合わせフォームより受け付けています。

無償のご質問メッセージに関して:おうち英語のやり方や教材に関するご相談は、お問い合わせ者の個人を特定できない形でブログ記事掲載&回答させて頂く場合があります。(有償相談の場合、一切の相談内容は他言や個別掲載致しません)