ポピー Kids Englishのデメリットを考えてみた。

こんにちは、おうちえいご園へようこそ!

辻めぐみ(@eigohome)です。

普通の日本人家庭でも子供は英語を習得できる!「英語にお金をかけすぎず」「押しつけず」「楽しむ」おうち英語に取り組んでいます。

2019年4月から始まったポピーKidsEnglish、


現在受講26か月目で感じたデメリットを正直に書いてみたいと思います。

ポピーKidsEnglishのデメリット

おうちえいご園 辻めぐみ
おうちえいご園 辻めぐみ

正直に書きます。
デメリット…というか向き不向き、合う合わないの話かもしれない。

英語DVDがない!音声ペン教材です。

英語で知恵遊び
音声ペンをタッチすると英語が流れる知育遊び

多くの英語教材についている英語DVDですが、
ポピーの英語教材にはDVDがありません。
音声ペンで英語の音に触れていく教材です。

え~!DVDがないの!?

パパ

人によってはDVD教材がないことをデメリットに感じるかもしれないね。(子守にもなるし…ボソッ)


でも、DVDなしにして月々1,680円(年払いだと月額1,600円以下)というお手頃価格のほうがよくないですか??

英語CDはついてくるんですよ。

映像がない分、英語の音に短時間で集中できます。

(絵本音声と英語歌が別途CDに収録されています。)

つけたいのはDVD習慣じゃなく、主体的に学習を楽しむ習慣。

派手なDVD制作や宣伝費に費用をかけるのではなく、本質的な部分にお金をかけている教材だと思います。

昨今はYouTubeをテレビ画面に映して幼児~小学生向けの英語動画(セサミストリートのような良質な海外子供向け番組)を手軽にいつでもみることが出来るので、うちはDVDがなしでお安いほうがありがたいです。

小学校英語教科化対応の初歩教材。バイリンガルを目指す人には簡単すぎ。

ポピーキッズイングリッシュは、率直に言って

バイリンガルを目指すお子さんには

簡単すぎます。

音声ペンでタッチすると英語音声がなります

カラフルなイラストページに、テーマに合わせた初歩的な英語がちりばめられており、音声ペンでタッチすることで英語音声を聞いて楽しく習得していきます。

本格的なバイリンガルを目指し、とにかく難しい英語をどんどん覚えてペラペラまでガンガン進めていきたいという本格派の方には不向きかもしれません。

「ポピーの英語は簡単」といっても、

最終的(レベル3修了時)には小3・小4の英語授業にでる単語・フレーズをすべて網羅しているので、

小学校で学習する英語の先取りやカバーとしてはちょうど良いレベルです。


教材で使われる言語はオールイングリッシュではなく、日本語の表記や音声サポートも混じっています。 うちは0才から割と本格的に英語をやっているので、親としては始めはちょっとミスマッチだったかな?という感想でした。ですがこの内容にしては安いし音声ペンで英語が学べて子供が大好きな教材なので続けています。

音声ペンでタッチすると英語音声がなります

どんな親子が一番向いているかと言うと・・・

  • 親子ともに英語初心者の方
  • 小学校の英語教育についていけるか心配な方
  • 無理なく英語に親しませてあげたい方
  • 予算は低く抑えたい方

2020年度から小学校で必修となる英語、
「うちの子は大丈夫かな?」「英語でつまづきたくない」と心配な方には特におすすめです。
(ポピーキッズイングリッシュは小3・小4の英語授業テキスト(文科省作成)の掲載内容、フレーズをすべて収録しているため)

始めからオールイングリッシュだと、理解できない事が多くて嫌がったり、自信を失うお子さんも一定数いますね。
英語に苦手意識を持たせず挫折せずに続けるにはちょうど良い教材だと思います。

ぼく、英語わかるよ!

日本語優位の子

ポピーキッズイングリッシュのデメリットの私的見解のお話は以上です。

もっとよく知りたい方、疑問のある方は資料請求やお問い合わせがおすすめです。(問い合わせは以前メールを送ったらすぐお返事いただけました。)

うちでは、お金をかけすぎず、押し付けず、楽しむおうち英語を実践しています。ポピーキッズイングリッシュは月々1,680円(年払いなら1,600円以下)とお手頃価格の新しい教材で、音声ペンがメインなため子供が自分から進んでやります。楽しいのです。そういった点で愛用・購読しています。

教材申込・資料請求をしたい方
ポピーキッズイングリッシュ公式HPはこちら

教材お試しページもあります。

こちらのページにはメリットに視点を当てて紹介しています。

ポピーキッズイングリッシュのほぼ毎号レビューしています。

当ブログのポピーキッズイングリッシュ関連記事はこちら

教材申込・資料請求

公式サイトはこちら

ポピーの英語