子どもにYouTubeの英語番組を安全にみせる方法。まずはここから。

ママにゃーご

「YouTubeを子供に見せている親」って聴くとなんだか悪いイメージだよね。
そうだね。小さい画面で目に悪いし、質の低い内容で子供の教育に悪いんじゃないかってイメージがあるな。

友だち

ママにゃーご

でもうちではスマホ画面じゃなくてテレビ画面で見せてるし、親がきちんと選んだ教育的なチャンネルしか見せてない!「Eテレを朝夕見せている親」となにも違わないと思ってる。

簡単に言うとブンバボンで踊るか、英語圏の遊び歌で踊るかの違い

長男は2才頃からYoutubeで英語子ども番組をみています。

初期に見ていた動画の内容は
英語絵本の読み聞かせ英語の手遊び歌の動画です。

英語の子供向けチャンネルではマザーグースの歌(マザー・グース [Mother Goose]は、英米を中心に親しまれている英語の伝承童謡の総称。イギリス発祥のものが多い..Wikipediaより)が出てくることが多いです。日本で言うわらべ歌や童謡のような感じです。

マザーグース歌の手遊び動画

頭肩ひざポンの手遊び歌動画

無料のYouTubeで、古くから親しまれている英語歌を聴いて親子で楽しむことができるんです。

また、英語絵本の読み聴かせ動画も検索で出すことができ、絵本読み聞かせの発音勉強にも重宝しています。

↓英語読み聞かせ動画

パパ

ブンバボンやサボさんを毎日見るよりもこっちのほうが有意義かもしれない。

YouTubeを子供に見せる際の注意点

うちではYouTube子ども英語番組を重宝していますが、気を付けていることがいくつかあります。

注意点.1
0~2才前の子にはまだ早い

2才前の子は低刺激のDVD繰り返しでも十分満足するので、うちは2人目の赤ちゃんにはまだYoutubeを見せません。

絵本読み聞かせYouTube等は刺激少な目とはいえ、番組の冒頭と最後のタイトル映像や宣伝が赤ちゃんには刺激的すぎる場合もあります。赤ちゃん~2才までに合う刺激少な目で教育的なものだとディズニー英語システムの無料サンプルDVDやWorldWideKidsのサンプルDVDでもはじめのうちはちょうど良いと思うし、長男にもEテレの録画を見せずに早めにそうしてあげればよかったなと思っています。

注意点.2
見る動画と見る時間は親が決めること
スマホやタブレットでYouTubeを見せていると、子供が勝手に画面をタップして関連動画からどんどん好きなものを見ていってしまいます。そうすると延々と見続たり、教育的によくない動画にたどり着いてしまうかもしれません。
うちではYouTubeはGoogle社のChromecastという機材を使ってテレビ画面にうつせるようにし、視聴番組の操作は親がスマホからやります。自動再生機能は必ずOFFにします。
それだと子どもは親が決めた時間、親が選んだ番組しか見ることができません。
一度子どもにipadを渡したら「アンパンマンのおもちゃ紹介動画」を見つけて夢中になっちゃった!テレビ画面にうつせば子どもは操作できないから親が主導権を握れて、目への影響もスマホやタブレットほどじゃないかもね。

友だち

YouTubeをテレビ画面で見るには

YouTubeをWi-fiでテレビ画面に飛ばして見る方法はとても簡単で、ChromeCastを購入し取り付けるだけです。びっくりするくらい簡単です。(新しいテレビだと機材を別途買わなくてもテレビ画面でYoutubeを見る機能が付いているものもあるので確認してみてください。)

Chromecastとは
Chromecastを購入した当初の紹介記事はこちら(私の育児ブログに飛びます)
YouTubeがテレビで見れるクロームキャストが凄すぎる何これ。

Chromecastの設定を簡単に説明しました
クロームキャストの使い方が簡単すぎ。主婦的設定ガイド。

こちらの記事に掲載したYouTube動画のスクリーンショット写真のチャンネルは、Mother Goose Club,Super Simple Songs, Little Angel Readerです。おすすめチャンネルは追々UPしていきます。