子どもにYouTubeの英語番組を安全にみせる方法(難点と対策)

無料YouTube動画のおうち英語活用において、
私がめちゃくちゃ気を付けている事を書きます。

YouTubeの難点と対策

タブレット端末やYouTube対応のテレビで、子供に英語YouTubeを見せていると…

関連動画や次のおすすめ動画が出てくるので

エンドレスに見続けてしまう

本当は見せたくないものまで子供が勝手に見てしまう
という話をよく聴きます。

子どもに主導権を与えない

うちが一番気を付けていることはこれです。

YouTube動画選定においてだけは、子供に主導権を与えていません。

子どもに動画選択の画面も基本は見せていません。

方法としては、

私がスマホアプリ(YouTube)で操作し、
Chromecastでテレビ画面に映しています

視聴時間も完全に親がコントロールしています。
このやり方を小さい時から徹底しているので、6才現在もそれが当たり前になっています。

具体的方法: Chromecast利用とそのメリット

ChromecastはGoogleが出している機器で5千円前後で手に入ります。(非純正の廉価版であればアマゾンで2千円程度~)

Chromecast

お使いのテレビにHDML端子があれば使えます(基本ついているはず)

注意:Chromecast ”with Google TV”アマゾンのFireStick TVだとテレビ上に様々なおすすめ動画が一覧表示される機能があるためご注意下さい。

YouTube英語動画のみせ方
みせたい動画を私がスマホで選んで、リビングのテレビにキャスト!
YouTube英語動画のみせ方
テレビ画面で放送。関連動画やおすすめ動画は一切表示されません


この方法で見せていると、
他の動画にも目が入って「これも見たい!」と言われたり、サムネイルが派手なだけで教育的に良くない動画を子供が発見することを防げます。

おうちえいご園辻めぐみ
おうちえいご園辻めぐみ

私が体調不良の時に子供にスマホを渡したこともあります。その時どんどんおかしな方向に走ってしまったので、それ以来は基本的に渡さないようにしています…

一度子どもにipadを渡したら「アンパンマンのおもちゃ紹介動画」を見つけて夢中になっちゃった!テレビ画面にうつせば子どもは操作できないから親が主導権を握れて、目への影響もスマホやタブレットほどじゃないかもね。

友だち

YouTube Kidsアプリは使っていない理由

うちにはタブレット端末がありますが、子供がタブレット=動画という使い方が嫌なので動画系のアプリは一切いれていません。

YouTube Kidsアプリにも保護者による制限機能が沢山ついているので悪くないと思いますが、

うちは大人も英語学習、料理レシピ、フィットネス、商品レビューチェックなどでYouTubeを利用するので、スマホの手元で一元管理するのが一番効率的だと思い今のやり方に落ち着いています。

Chromecastとは
Chromecastを購入した当初の紹介記事はこちら(私の育児ブログに飛びます)
YouTubeがテレビで見れるクロームキャストが凄すぎる何これ。

Chromecastの設定を簡単に説明しました
クロームキャストの使い方が簡単すぎ。主婦的設定ガイド。

おうちえいご園のYouTubeおすすめ動画

こちらから一覧が見れます。

おすすめピックアップ